高校2年生でアルバイトをスタート。
職員登用試験を受けて、正社員に。
責任とやりがいが、どんどん大きくなります。

#

  • #
  • #
  • #

発注に在庫管理、季節に合わせた売場作り。
任せてもらえることがやりがいに

友人に誘われてロイヤルホームセンター千葉店でアルバイトを始めたのが、高校2年生の時。気づいたらそれから7年以上経ち、今では正社員として千葉北店で園芸部門のリーダーを務めています。長く続けることができた理由はいろいろあります。

第1は、仕事を任せてもらえること。ロイヤルホームセンターの前はドラッグストアでアルバイトをしていたのですが、そこでは言われた仕事をこなしているだけでした。それがロイヤルホームセンターでは早い時期から「園芸担当」という役割を任せてもらえたことで、仕事にやりがいを感じました。

第2は、成長のチャンスを多くもらえたこと。アルバイトでも本部で研修を受ける機会があり、勉強になりました。資格を取得すればお祝金がもらえる免許取得支援制度も、励みになります。私はその制度を利用して、販売士や危険物取扱者、衛生管理者の資格を取得しました。

第3は、人間関係がよいこと。植物のことなど何も知らずに働き始めたのですが、園芸に詳しいベテランの方がいろいろ教えてくださいました。また、家族的な雰囲気でバーベキューや忘年会などにも誘ってもらい、楽しく働くことができました。

人に指示を出す難しさと、お客様に感謝していただく喜び
を感じる毎日

ロイヤルホームセンター千葉店の店長に推薦され職員登用試験を受け、アルバイトから正社員になって1年以上が過ぎました。リーダーとして人に指示を出す立場となり、人に指示を出すことの難しさを痛感しました。同じことを指示するにしても、ベテランのスタッフと新人のスタッフでは言い方を変えなければうまく伝わりません。最初はそうしたことがよくわからず、自分が言ったことが全て伝わっていると勘違いしてしまい、売場がうまく回らないこともありました。しかし、上司である部門長からアドバイスをいただくなどして、スタッフとのコミュニケーションに留意するようにしました。最近ではずいぶん改善してきたと思います。

私の目標は、「自分のファンを増やすこと」。たとえば雨の日にお買い物をしてくださったお客様に「シクラメンの花びらは雨に濡れると、しみがついてしまうこともあるんですよ」などとちょっとしたアドバイスをして花が濡れないように工夫をする、といったきめ細かな対応を心掛けています。

また、最近はホスピタリティリーダーという役割も任せていただいたので、自分だけではなく、店舗全体でお客様に思いやりのあるサービスがご提供できるよう、職場内で挨拶の研修を行うなどしています。

任せて、見守ってくれる環境があったからこそ、ここまで成長できたのだと思います。これからは自分が人を成長させられる環境をより充実させていけるように、さらに頑張っていきたいですね。

※ホスピタリティ…お客様に対するおもてなしの心や、心配り

ご応募はコチラ